債務整理の方法

債務整理の方法には、任意整理、自己破産、個人再生があります。

任意整理、自己破産については、それぞれのページもご覧下さい。 

任意整理

任意整理は、借金について、各消費者金融業者や銀行との間で、分割払の和解をし、債務を返済していく方法です。高利で借りている場合、任意整理を行うことにより、元本が減る場合や、過払金を回収できる場合もあります。

(メリット)返済資金さえ確保できれば、それ以外に資産を処分する必要はありません(ただし、住宅・車のローンを組んでいる場合に、住宅や車を失わないようにするには、従来どおりローンを支払って行く必要があります)。

(デメリット)元本全額について、継続して返済を続けていかなければならないため、他の債務整理の方法に比べ、返済の負担は大きいと言えます。

  詳しくはこちら

自己破産

自己破産は、裁判所に申立をして、債務の返済を免れる(ただし、一部の債務を除く)ことができる手続です。債務が多く、返済を続けていくことが困難で、資産があまりない場合に適した方法です。

(メリット)破産手続が終われば、原則として、これまでの債務を返済する必要はなくなります。一定以下の資産(自由財産)しかない場合は、資産を失うことなく、返済を免れることができます。

(デメリット)一定以上の資産を持っている場合は、その資産を失うことがあります。

  詳しくはこちら

個人再生

個人再生は、裁判所に申立をし、返済額を減縮のうえ、原則として3年間の分割返済により、債務を返済していく方法です。

この手続によるには、給与等、継続的に収入を得る見込みがあることが必要です。

(メリット)破産手続と異なり、住宅等の資産を保有している場合、その資産を維持しながら、手続きを進めることができます。返済額を減縮したうえで、分割返済をするので、任意整理と比べて負担は軽くなります。

(デメリット)債務の合計額によって、必ず返済しなければならない金額が決められており、その金額について、3年間は返済を続ける必要があります。例えば、債務の合計額が100万円以上500万円未満の場合、最低でも100万円を3年間で返済しなければなりません。

▲このページのトップに戻る