1 相談(来所)

ご予約のうえ来所いただき、弁護士がご相談内容をお聞きし、ご自身で解決できるのか、弁護士が受任しないと解決が困難なのかを検討・アドバイスさせていただきます。

弁護士への依頼を検討される場合には、方針・費用について説明させていただき、当日あるいは後日に事件の受任を致します。

2 受任の手続き

弁護士の方針・費用について了解をいただければ、委任状を作成し、委任内容、弁護士費用、費用の支払方法を明記した委任契約書を作成し、着手金をいただきます。着手金の支払いについては分割払いなどの相談にも応じます。

 着手金については弁護士費用をご覧下さい。

弁護士が受任した場合は、相手方との交渉、裁判所等への連絡等については、弁護士が行いますので、これらを、ご依頼者の方にしていただく必要は、ございません。

 

3 事件処理

委任契約の内容、ご依頼者の要望にしたがって、相手方との示談交渉、裁判所での調停、訴訟(裁判)などにより事件を処理します。 ご依頼者のご要望については、必要に応じて、面談、電話等により打合せをさせて頂きます。

事件処理の進行状況については、随時、書面あるいは面談、電話にて報告させていただきます。

4 事件の処理完了

ご依頼を受けた事件処理が達成できた場合には、その成功の程度に応じて、事件の受任時に定める報酬金をいただきます。事件によって報酬金の基準は異なりますので、詳細は弁護士費用をご覧下さい。
▲このページのトップに戻る